お花見とカラスの羽

お花見をしている人を見に上野公園まで来た。 日が落ちると少し肌寒い、さっきスタバでバニラクリームフラペチーノを買ったのは失敗だったかな(とっても冷たくて身体が冷える) トーハクの前の噴水広場でさっきフラペチーノと一緒に買ったドーナツをモフモフ…

センター試験

センター試験について覚えていること、点数はどの教科も覚えてない。1番最初の科目が世界史だったことと、リスニングの時間がとても眠かったことは覚えている。世界史の試験が始まった時に緊張して頭がうまく回らなかったことだけは強烈に覚えてる。でも結局…

君の見えないファボを探して

最近生きるのが随分楽になったと思う、何をするにも面白なくていいことに気づいたから。楽しくなきゃいけない意味のあることを言わなきゃいけないと思っていた。つまらなくてしょうもなくて何の意味もないやりとりを愛していてもいいことに気づいた。ツイッ…

大丈夫な日の私だけみつめてよ

タイトルは私の愛する大森靖子ちゃんの「ミッドナイト清純異性交遊」の歌詞から。現実じゃ男友達なんていないし、そんなに仲良くしたいとも思わないのに、SNSじゃどうしても男の人と仲良くなりがちだ。現実世界では女の子と仲良くなる方が楽なのに、どうして…

読むことと書くこと

ブログがというか、文章が、上手く書けない。ので、特に意味のないことを長々と小手先で書いてしまえるような能力であっても、とても羨ましい。他の人よりも本を読む子だったので、何かを書ける人には憧れていたのに、自分には上手くできないというコンプレ…

岩井俊二監督

サブカルな感じの人が好きな監督でしょ?邦画なんて滅多にみないんだけどたまにはいいかななんて思って岩井俊二監督の「花とアリス」をGEOで手に取りました、そして好きになってしまいました。偏見は良くないですね! 「神は細部に宿る」という言葉が私には…

紙の本と心中するつもりだった

紙の本と心中するつもりだったけれど、友人にKindleを勧められて、その気になって買ってしまった。小説と漫画はどうしてもというもの以外はKindleで買ってしまおうと思う。購入してから1週間ほど経ったけれど小説と漫画を読む時間がとても増えた。というか以…

もうすぐ絶滅する(?)という紙の書物について

サラリーマンになってから早くも半年が経過した。行きの電車は超満員で、帰りの電車は疲労で、とてもじゃないが通勤時間に本なんて読めない。それでも毎日通勤カバンの中に最低一冊は本を忍ばせている。 私は電子媒体で文字を読むことが苦手で電子書籍用のタ…

原宿に馴染めない冴えない私

数年ほど前に、人混みが歩けない時期があった。 軽度の拒食症になり他人からの視線が怖かった。そして、他人に対して、街ですれちがうだけの人に対しても異常なほどに関心を持っていた。群衆の1人1人にも家族がいて人生があるということが恐ろしくて人混み…