岩井俊二監督

 サブカルな感じの人が好きな監督でしょ?邦画なんて滅多にみないんだけどたまにはいいかななんて思って岩井俊二監督の「花とアリス」をGEOで手に取りました、そして好きになってしまいました。偏見は良くないですね!

 「神は細部に宿る」という言葉が私にはしっくりくるのだということを岩井監督の映画を見ていて気づきました。些細な仕草やセリフ、表情やエピソードがその人の全てを、その映画の全てを物語っているかのような直感が岩井監督の映画を見ていると、降ってくるような気がします。

 最新作の「リップヴァンウィンクルの花嫁」も良いのだけれど初期の「love letter」が図書室ラブストーリーで、耳すまに憧れて育った私にはグッと来ました。「love letter」は本当に細やかなエピソードの断片が、死んでしまった藤井樹という人物を鮮やかに浮かび上がらせていて、見ていると私も藤井樹に恋をしているような気分になりました。ヒロインが、彼を何故愛したのかが、わかってしまうんですね。この映画は1995年公開で、これくらいの時期の日本の映画やドラマを見るとそれだけでノスタルジー感じるのでちょっとズルいですよね。