リップヴァンウィンクルの花嫁

最近、綾野剛にハマりました。でも私にとって彼の演技が輝く最上の役は「リップヴァンウィンクルの花嫁」の安室さんだったんじゃないのかなと思って悲しみにくれています。そこはかとない胡散臭さがあれほど映える作品はあるでしょうか?綾野剛の、梅干しでも口の中に入ってるかのような笑顔と涙袋が目立つ笑顔が好きです。GANTZ亜人の悪役もとても似合う人ですが、それらの映画は私の好きな傾向のものではないし、きっと、もう私の1番好きな彼は見れないのです、トホホ。日本の映画とかドラマってどうしようもなく安っぽいものが多くてだからこんなこと思わなきゃらないんですよ、ハリウッド俳優だったらもっと今後に期待できるのにね。

 

 この映画、結構前に見たんですけれど、綾野剛を確認するためにもう一度見直しました。お金を貰って演じるなんて俳優そのもののことを指しているんだなって、更に言うとAV女優だってお金貰って偽物のセックスしてるわけで、同じなんですね。いつでも偽物でしかない俳優の中に偽物のセックスをする本物のAV女優を混ぜてみたり、この作品は本物と偽物の違いは何なのかということをテーマにしてるのかなと思いました。本当の家族や友人とお金を貰って演じたそれとの違いはどこにあって偽物の方が本物に感じるのは何故でしょう。金銭を見返りとした関係の最もたるものがセックスなんですよね、更にその先が真白さんのやろうとした心中。この作品を象徴するような、何らかのメッセージ性が含まれているだろうということを匂わせる真白さんのセリフがあって、「コンビニやスーパーや宅配便のおじさんが私なんかに優しくしてくれるのは幸せ過ぎて耐えられないからせめてお金を払うんだって」そういうことを言うシーンがあるんです。中沢新一の「愛と経済のロゴス」にはこんなことが書いてあります。“贈与において重要なのは、じつは贈り物となるモノではなく、モノの移動を媒介にして同じ方向に移動していく、流動的で連続性を持っているなにかの力の動きなのです。その「なにかの力」を表現するために、よく「信頼」や「友情」や「愛情」や「威信」などといったことばが使われます。”  貨幣経済はお金を差し出したものに平等で、その意味ではとても優しい交換の社会なのに真白さんは全てを贈与だと勘違いしてる人、そこで全てを贈与で返すことができたらよかったのに彼女は貨幣という交換の論理で返そうとする、でも交換よりも贈与の力の方がはるかに大きくその歪みに耐えられなくなった彼女は死んでまったんだと思います。

 それにしても、この映画を見てると偽物の方が本物に感じます。お金を貰って演じたはずの他人の結婚式のための家族が本当の家族に思えてきたりするんです。むしろ、偽物の方が本物より本物らしかったりします。この感覚によって綾野剛の胡散臭さが光り輝くんですよ。そこが、この作品以上彼に似合うものはないと思った理由です。綾野剛の、本当なのか嘘なのか分からないわざとらしい演技、わざとらしい涙、それら全てが、嘘でも本当でもどっちでもいいやって思って真偽が溶けて行く感覚。